アイロンプリント用紙でオリジナルTシャツをつくる

ネット通販でアイロンプリント用のプリンタ用紙を購入し、オリジナルTシャツを作りました。まずは、ネットでアイロンプリンタ用紙を購入します。サイズは大きいものでA4サイズくらいまであります。プリンタ用紙も、ホワイト系の淡い色のTシャツ用のものと濃い色用の大きく2種類があります。用途に応じて正しく注文してください。購入した用紙は、パソコンでデザインしたものを家庭用のインクジェットプリンターで出力することができます。当然ですが、デザイン画は、Tシャツに転写するので、反転デザインができるソフトウェアで作る必要があります。あとは、アイロンを使って、プリンタ用紙に書いたデザインをTシャツに熱転写します。このとき、アイロン温度は指定された温度にすることが重要です。低い温度だと、十分に転写できず、高い温度だと、Tシャツが黄ばむ場合があります。

オリジナルTシャツの製作はネット通販を利用しよう

リーズナブルな料金で、オリジナルデザインのTシャツを作りたいときに便利に利用できるのが、オリジナルTシャツ製作を専門に行っているオンラインショップです。価格が安いだけではなく、高品質なTシャツを製作してくれるので、コスト削減ができるのはもちろんのこと、満足のTシャツを実現することができます。また、オンラインショップを利用する魅力は他にもあります。たとえば、インターネットから手軽に発注することができる点です。24時間いつでも注文を受け付けているので、自分の都合の良い空いている時間を利用して注文でき、時間を有効的に使うことができます。もちろん、見積もりは無料で出してくれますし、問い合わせや相談にも無料で対応してくれるので、初めて利用するときも不安なことなく、自分の希望通りのTシャツを作ることができます。ちなみに、デザインに関しては、自分で考えたデザインで作ってくれるのはもちろんのこと、どうしてもデザインが浮かばない場合は、ショップのスタッフさんが希望のデザインを聞いたうえで、アドバイスをしてくれたりデザインしてくれるので、より安心して利用できます。学校行事や会社イベントで必要なときは、上手に活用してみましょう。

クラスの団結力が試されるオリジナルTシャツ

通っていた高校には、年に一度クラスが団結して戦う体育祭があります。体育祭ではクラスの団結力を高める為にクラスTシャツと呼ばれるオリジナルTシャツを制作します。オリジナルTシャツの制作はまず、Tシャツの色、形の選択から始まり、プリントする絵や文字などのデザインを決めます。そのクラスのイメージや、雰囲気が決まるので、皆真剣に考え制作していきます。おしゃれに決めてみたり、中には洒落を利かせたなど様々です。自分が見てきたTシャツの中で素敵だと思ったデザインはサッカーチームのユニホームに見立てたストライプのTシャツです。当時、自分のクラスは背中にクラス全員の名前を入れたものを制作しました。出来上がったオリジナルTシャツを体育祭当日にクラス全員で着ると団結力や結束感が生まれます。作ったTシャツは体育祭終了後もずっと手元に残るので記念にもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)